郷土博物館

大田区立郷土博物館の分館として建設され、
平成20年4月6日に開館しました。
大森が「海苔発祥の地」である事をアピールし、
後世に伝える為の施設です。 
写真
松原区長、西野前区長、
その他関係者によるテープカットが
行われました。
大森町最後の船大工さんも 
横浜から駆けつけました。
開館式に欠かせない特別ゲストです。
来館者に和船の説明をされている様子です。
写真
写真
半世紀前に使用されていた道具達が、
ここで静かに眠っています。
全てが文化財として登録されています。
元海苔生産者による、
海苔抄きの指導が行われました。
本場大森ではこれを、
「海苔付け」と言います。
この方法は約300年前に、
故野口六郎衛門氏が開発。
鉢巻をされた方は、
その子孫にあたる方です。
写真
写真
6メートルのジャンボ海苔巻き作りが、
行われました。
お母さん達が真剣にサポートして、
見事に成功させました。
元生産者による 
簾(す)編みの指導も行われました。
アシの茎を隙間が空かない様に仕上げる 
伝統的な手法の伝授です。
大森で開発された特殊な手法です。
写真
写真
期間限定ですが、
多摩川河口に自生する
アサクサノリを観察できます。
特別注文のアクアリウムは必見です。
半世紀ぶりのアサクサノリ養殖の 
最後のイベントです。
海苔網を陸にあげてポールに張り込み、
自由に摘み取って試食してもらいました。
「 美味しい 」 の声が聞こえてきました。
写真
写真
半世紀前に海苔養殖に使用されていた
道具類が見られます。
その全てが日本国の文化財として、
登録されています。
体験型展示が多数採用されている事も、
評価できます。
大森の船大工によって造船された、
和船の展示です。
その造船の様子はビデオ撮影され、
保存されています。
「大森海苔のふるさと館」では、
希望者に上映しています。
写真
写真
これらは2階に展示されています。
廃棄される寸前に文化財として
保存されました。
これら道具達の保存を訴えた先人達に
感謝します。
大田区立「海苔のふるさと館」のホームページはこちらです。